女医

水虫は悪化させる前に撃退しましょう|ススッと痒みを鎮静

爪にも水虫が移る

女の人

水虫は、感染するとかゆみ等を引き起こす病気ですが、感染源となる白癬菌は爪にも入りこみ、爪水虫を引き起こす事もあります。この爪水虫は、薬で治す事が可能です。薬には内服薬と、外用薬の2種類があります。特に爪水虫は、外用薬では治す事が難しく、内服薬がメインとなります。皮膚科や内科を受診し、爪水虫の治療に効果のある薬を処方してもらい、服薬を3カ月から1年ほど続けることで治す事ができます。ほとんどが1年以内に治ります。服薬は、爪が完全に生え変わってからも、一定の期間の間は続ける必要があります。服薬は副作用がある為、副作用の内容を知っておく事も重要です。加えて、服用する間は医師の診察を受け、症状や副作用などの相談をする事も重要です。

爪水虫は、手足の爪を切らずに伸ばしている事で、汗や垢などの汚れたものがどんどん溜まり、白癬菌も増殖していきます。そして、長い時間靴やブーツを履いて湿度が高まったり、雨や水で濡れたりすることで爪水虫を発症し易くなります。爪水虫の初期症状は、爪の先が白くなるのみです。かゆみ等の症状は出てきません。徐々に指側まで感染が進むと、爪の先だけだった白さが爪全体が白くなるまで広がっていきます。そして、黄色、黒色へと色が変化する事もあります。また、同時に爪が盛り上がり始め、形が崩れていきます。この崩れた爪から他の部位へと感染が広がってしまう事があります。高齢者のみならず、長時間ブーツを履く若年の女性などでも発症する事があります。